2021/04/14

繁華街の立ちんぼセックスのリアル

繁華街の立ちんぼセックスのリアル

立ちんぼとは?

繁華街をうねり歩くと出会う、それは悪質なキャッチ?それとも立ちんぼ?カオスな出会いと別れが溢れる街で、立ちんぼとセックスをするという選択肢、これはありでしょうか?それともNG?
性に関してのモラルは道徳教科書から随分ズレ、昨今は20を割る年齢から街角に立つ女性がいたり、はたまた外国人女性に50代、60代の熟女層にホームレスまでが立ちんぼとして身体を売っています。
なおプレイは30分~1時間で5000~15000円程度ですが、フェラだけ青姦スタイルなどの簡易プレイなら数千円でスッキリすることも可能。プライスは女性のルックスに年齢、場所だけでなく、何をするのかによっても異なりますが、多くの女性はその日暮らしをしている為、値段交渉の成功率は高いです。
基本的に彼女達はランダムに出没するのではなく、一定のエリアに現われ客引きをしています。多くは元赤線、青線時代にまでその歴史を遡れる繁華街などですが、大都市に限らず地方都市にも大なり小なりの立ちんぼエリアがあり、観光客に地元住民が男と女の駆け引きを楽しんでいるのです。

 

リスク満載の立ちんぼ事情

基本的な立ちんぼスタイルは2種類で、その多くは自らフリーでセックスはいかが?とまるでお花売り、マッチ売りの少女の如く声をかける、または待ち子としてスタンバイするケース。
もう一つのケースはいわゆるキャッチのことで、箱型または無店舗型風俗に誘導されるパターンです。基本呼び込みで連れ込まれる風俗店は、許可がない違法店であることが多いのでリスクは高いといえます。
立ちんぼの定義に帰れば、自らが進んで売春をする訳であり管理売春とはスタンスが異なるので、厳格な処罰の対象になりませんが、18歳未満との性交をした場合等は問答無用で買春側が逮捕されます。
またお客を待つ立ちんぼ自身も公衆の面前で、阿吽の呼吸で売春を扇動することが違法に当たると判断され、刑事罰を受ける場合があります。
確かに風俗店と異なり本番もできる可能性はあることにはあるのですが、最近は立ちんぼ女性の摘発も多く、トラブルに巻き込まれる恐れ、性病に罹患するリスクも排除できないのでオススメはできません。

なぜ立ちんぼ女性が魅力的なのか?

それでもなぜ男達は立ちんぼに魅せられるのでしょうか?そこにはいくつかの明確で説得力ある理由があります。
まず地雷を避けられること。つまるところパネマジに引っ掛かることなく自分の眼で女の子を判断し、時間にプレイ、プライスを直談判できること。そしてお店のルール、規則に縛られず比較的自由にプレイを楽しめ、更に行為自体の料金がお安いことも立ちんぼセックスのメリットでしょうか。
また夜の帳が下りると街に溶け込み出す立ちんぼ女性の姿、そして娼婦との駆け引きが生々しくていい!という男性は意外に多いのです。
最近は日本にワーキングホリデーや学生ビザで滞在する外国人女性も増えましたが、手っ取り早く稼げて、日本語の上手い下手に関わらずお金を稼げる!これに目をつけた外国人が増えたこと、これも日本男児が立ちんぼに魅力を感じる理由の一つです。
しかしいずれにしろ、リスクが多く伴うことは明白なので安易にオススメはできないので、黙ってデリヘルにソープを利用する方が賢明でしょう。あくまで立ちんぼは風俗にもはや下半身がついて行かなくなった猛者向きであるので、その性質をよく理解した上で声かけをしてくださいね。

Next
体験談
免責事項

「風俗男子の一人遊び日記」は風俗好きである謂わば風俗男子のための記事サイトです。
全ての記事は管理人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、当サイトでは一切の責任は負いかねます。
当サイトで得た情報の使用は自己責任にてお願いいたします。