2020/12/09

ビジネスホテルと出張風俗

ビジネスホテルと出張風俗

出張系風俗とはつまりデリヘルやホテヘル、またはリラクゼーションエステなどの店からホテルや自宅にに嬢が派遣されてくる風俗を指します。
派遣するホテルはラブホテルに限らず、ビジネスホテルやシティホテルでも可能となっています。

ビジネスホテルと出張風俗

風俗初心者の方は、「えっ、ビジネスホテルに嬢を呼べるの」と驚くことでしょう。最初は誰しもそう思いますよね。ところがそれができるのです。
出張などで一泊するような夜でも、昼間の時間帯も可能です。
ただし一泊する場合に嬢を呼ぶことを見越して2人利用料金のダブルやツインを予め支払っての利用なら問題ないですが、普通1人での出張ならシングル(1名分)を予約すると思います。
基本的にシングルは1人で利用するのが普通で友人知人であっても来客を部屋に招くことはできません。
つまり、夜中に風俗嬢を呼んでもホテルによってはフロントに呼び止められ追い返される場合かあります。
フロントの前を横切らないとエレベーターに乗れない設計となっているホテルや、○○系列のホテルは全国的に不可であるなど、店や嬢はよく事情を知っていますので「〇〇ホテルは来て貰えますか?」と電話で事前確認するのがベストでしょう。またデリヘルが呼べるビジネスホテル一覧などの口コミサイトもあるので検索してみるのも良いでしょう。

ビジネスホテルに嬢を呼ぶメリット

一般的にビジネスホテルはラブホに比べ個室面積も狭く、ユニットバスであったり隣室との壁も超薄かったりという理由で嬢にはあまり喜ばれない傾向があります。
しかし、ラブホテルにはない高層階から夜景を見降ろしながら、嬢の喘ぎが隣室に聞こえてしまうかも知れないサスペンスを味わいながらいちゃいちゃできるのは妙に興奮を覚えます。
首都圏でも地方でも電車の駅の目の前の立地という場合が多く、その利便性は何物にも代えがたいのもがあります。不案内な土地ほど重宝しますね。
駅の改札から雨に濡れないで行けるなんてホテルもざらに有ります。その点ラブホテルは駅から遠いことや裏通りで目立たない場所にある、また予約ができないなどのデメリットがあるのです。

ビジネスホテルは昼間も利用できる

ちなみに日中の空いた時間帯を有効利用しようと、ビジネスホテルではデイユースという制度を取り入れている所も増えています。
このシステムは二人での利用=カップル=が前提となってますのでダブルルームが用意されます。
ということは堂々と2人で一緒にチェックインしても、後から嬢を一人で来て貰ってもまったくOKなのです。
デイユースはテレワークなどの一人利用もいますし、二人でHなプレイとなっても個室内の自由です。

免責事項

「風俗男子の一人遊び日記」は風俗好きである謂わば風俗男子のための記事サイトです。
全ての記事は管理人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、当サイトでは一切の責任は負いかねます。
当サイトで得た情報の使用は自己責任にてお願いいたします。