2021/01/29

風俗でアナルセックスをする意義

風俗でアナルセックスをする意義

アナルは意外と気持ちいい

風俗に足げなく通う男性は、あわよくば本番ができるかも……そんな淡い期待を持っていますが、それらは大概儚い夢のままで終わります。風俗嬢は挿入以外にもスマタにフェラ、様々な性技を持っているので、ソープに行かずともとりあえず満足。

わざわざ後ろの穴、つまりはアナルを責めてアナルファックを決め込もう!という男性は至極少ないのが現実です。それでは風俗におけるアナルセックスの意義はなんなのか?

それは、まるで膣に挿入しているかのようなファンタジーを味わえることに尽きます。実際入れて見ればわかりますが、「お尻の穴に挿入して汚い!」という思いより、「あれっ、意外に気持ちいい。」という感情が先走ってしまうのですね。

3割はアナルセックス経験が?

実際アナルセックスは私達が思う程ハイレベルなフェチプレイという訳ではなく、女性の2割~3割程度は、大なり小なりアナルセックスの経験があるというデータもあるくらい。入れられる側は、圧迫感なり、直腸をズドンと突かれる苦痛があるといいますが、挿入側は女性器と比べてもキツい締まりでハマる男性も少なくないといいます。

しかしながらアナルセックスは異端の行為、このような意識を持っている男性はやはり多く、そんな破廉恥なセックスに耽っている自分自身に興奮する!こんな体験者の声もあります。

わざわざアナルファックなんかしなくても、いくらでも気持ちよくなれる!そう思う男性こそアナルデビューをしてほしい。なぜならアナルに対する感動が人一倍大きく感じられるからです。

もちろん全ての女性キャストがアナルOKという訳でもありません。アナルファックを看板にしているお店であっても、必ずしもアナルセックスができる保証もない。だからこそ余計にアナルセックスに対する幻想やロマンが膨らむというもの。

アナルセックスへの挑戦を

正直なところアナルセックスを体感できる風俗、風俗嬢は一握り。だからこそ膣とアナルの違いを堪能し、人体の神秘ならぬペニスに対するアナルの感受性を感じてみてはいかがでしょうか?

もしあなたがMっ気が強い男性であるならば、掘るアナルから掘られアナルを経験するのもあり。世の中にはペニスバンドという大変卑猥な玩具があるので、どうしてもという方は、M性感やSMに強いコンセプト店のドアをノックしましょう。女王様に女にされてしまう、そんなあべこべの肉体のぶつかり合いもまた良し。

なおどちらが受けになるにしても、アナルは非常に敏感な粘膜部位であり、必ずコンドームをする必要があります。しっかりと性病感染対策を怠らずに、風俗アナル体験をしてみてはいかがでしょうか?

Next
体験談
免責事項

「風俗男子の一人遊び日記」は風俗好きである謂わば風俗男子のための記事サイトです。
全ての記事は管理人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、当サイトでは一切の責任は負いかねます。
当サイトで得た情報の使用は自己責任にてお願いいたします。